【世界トップランク5つ星リゾート】ハミルトンアイランド

scroll

【世界トップランク5つ星リゾート】ハミルトンアイランド
ニュース ロケーション

今年も大手旅行誌・コンデナストトラベラー誌の読者が選んだ「オーストラリア&南太平洋リゾート・トップ25」が発表されました。

業界内でも権威があるこのランキングの中から今回は、ハミルトンアイランドのご紹介です!

 
まずは映像をどうぞ!
 

 
 

世界遺産のグレートバリアリーフに浮かぶハミルトン島

グレートバリアリーフの中央に位置するハミルトン島は、島内に空港がありケアンズ、ブリスベン、シドニー、メルボルンから直行便があり、

 
ケアンズから1時間5分、
ブリスベンから1時間40分、
シドニーから2時間半、
メルボルンからは2時間45分

 
で行くことができます。

 
ウィットサンデー諸島の74の島々に囲まれ、ハートのサンゴ礁「ハートリーフ」や、世界で最も美しい「ホワイトヘブンビーチ」もここから行きます。トロピカルフィッシュや海ガメが生息し、野生のワラビーや名物の野鳥キバタンなど豊富な自然と、動物園ではコアラと記念写真を撮ったり、絶景名門のゴルフコース、もちろんあらゆるウォータースポーツも用意され約60種のアクティビティも満載。

 
オーストラリア国内からも世界中からも旅行者がやってくる、大人気のリゾートアイランドです。

 

 

世界の最高級リゾート「クオリア」

島内のホテルやビラの中でも、常に世界のベストリゾートに名前があがる「クオリア」。
オプラ、テイラー・スウィフト、レオナルド・ディカプリオなども泊まった全棟オーシャンビューの豪華な5つ星リゾートホテルです。
メインリゾートからすこし離れた島の最北端のビーチに向かって建てられている、プライベート感にあふれた空間です。

 

クオリア滞在者用のスパ・クオリアは、コンデナスト・トラベラー誌の世界ホット・スパにもランクイン。
ここはオーストラリアの自然派製品を使った極上のリラクゼーションと癒やしの天国。
ヴィシーシャワーでは全身のツボや血管を効果的に刺激してほぐすことができ、屋外ヨガ&メディテーションルームも備えています。

 

 

 

多彩な宿泊施設と自由な滞在スタイル

ハミルトン島には他にもたくさんの宿泊施設があります。18歳以上のみが宿泊できるまさにオン・ザ・ビーチのビーチクラブはカップルやハネムーンの方にぴったり。ファミリー向けにはキッチン付きのパーム・バンガローや19階建てのリーフ・ビュー・ホテル、お洒落なヨット・クラブ・ヴィラ、貸別荘もいろいろなタイプがあり、多彩なバリエーションの中から選べます。

 
ハーディリーフには世界初のアンダーウォーターホテルもオープンして、海の中での宿泊!
そして、ポンツーンではデッキのテントで星を見ながら寝るパッケージ、洋上キャンプもあります。

 
ヨットハーバーでは、クルーザーをチャーターして滞在!というのもいいですね!
 

 
 

絶景中の絶景!ホワイトヘブンビーチ & ハート・リーフ

「ホワイトヘブンビーチ」
世界のベストビーチに何度も名前があがるほど、その白く輝く砂浜と透き通ったブルーのグラデーションが美しすぎるビーチ。
高速カタマラン、ヨット、ヘリコプターや水上飛行機など様々な行き方があります。ヘリで空から眺めたり、ビーチでリラックス、そしてBBQのランチもOK。展望台までハイキングをすればその素晴らしい景観を一望できます。

 
「ハートリーフ」
自然にできた美しいハート形のサンゴ礁、ハートリーフ。こちらはハミルトン島からヘリコプターに乗って行く3時間のツアーで行くことができます。ヘリで空から眺めたら、海に浮かぶ「ハートアイランド・ポンツーン」のヘリパッドに着陸してラグーン内をスノーケルしたりガラス底ボートで探索、又はリラックスして過ごしましょう。

 

オーストラリア初!世界遺産の海中ホテル&洋上キャンプ

ハーディリーフに浮かぶポンツーン「リーフワールド」が完成し、海の中で宿泊できるホテルルーム「リーフスイート」。
ここでは、ゆったりとベッドに寝っ転がりながら一晩中海中を覗いて過ごすことができます!

 
ハミルトン島から出発の宿泊プランには、アウターリーフでのアクティビティ(ギアレンタルや半潜水艦なども含む)、星空の下でのディナーを含む滞在中の食事(軽食含む)と、行き帰りの絶景クルーズがもれなく付いてきます。

 
また、同じポンツーンのデッキで、夜風や星空をダイレクトに感じながら過ごせるカプセルテント式ベッドの宿泊プラン「リーフスリープ」もあり、こちらもアクティビティとギアと滞在中の食事付きです。まさに洋上キャンプですね!

 

自然を堪能できる豊富なアクティビティ

島ではありとあらゆるアクティビティが用意されています。
誰でもアクセスできるプールが3つ、キャッツアイビーチでは様々なウォータースポーツがあり、ヨットハーバーはボートチャータ−に釣りやクルーズにダイビングの出発ポイントとなっており、近くにはレストランや島のスーパーマーケットもあります。

 

島の中では、動物園でコアラ抱っこをしたり、クアッドバイクにゴーカート、隣のゴルフ専用の島には絶景名門ゴルフコース。
バギーをレンタルしての島めぐりや、島いちばんの展望台ワンツリーヒルで夕焼けウォッチングしながらカクテルを飲んだりと、
自由自在なリゾートライフが待っています!

 

 

 

 

 

オーストラリア、ニュージーランドでのリモート撮影をご検討されている制作会社の方へ

日本の皆様にとってはまだいつでも来てください!とは言えない状況なのですが、、、

 

現時点ではまだ簡単に入国が出来るわけではなく、規制がある状況ではありますが、撮影事情としては活発に動いています。もともと、オーストラリアは固有の動植物の保護や環境維持のため、検疫措置は非常に厳しいです。ですが、裏を返せば、そんなオーストラリアで撮影できる、ということは安全と意味でもあります。適切な手配、対応、許可申請を進めればロケは気持ちよく出来ます!

 

こんな時だからこそ!のリモート撮影です!!

 

日本から中継でのディレクションロケ、構成に添ってこちらだけでのロケなど、柔軟にご対応します。
特にオーストラリアはこれからが夏となり、ロケとしてもいいシーズンにもなります。普段の生活でも気疲れが多い今だからこそ、海外の気持ちのいい画は重宝されるのかとも思います!

 

少しでもお手伝い出来ることがあれば、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。
東京で直接お会いして打ち合わせが可能です!
SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546