【テレビ東京】所でナンじゃこりゃ!?

scroll

【テレビ東京】所でナンじゃこりゃ!?

テレビ東京】所でナンじゃこりゃ!?世界中のフシギ映像大連発SP
の撮影コーディネートをさせて頂きました。

 
オーストラリアの “ナンじゃこりゃ” な絶景ポイント。2色に輝く不思議な湖、マクドネル湖をレポート。

今回はコロナ禍でのロケでしたので、日本クルーが来豪しないリモートロケとなりました。

 

  • 所でナンじゃこりゃ!?
    オーストラリアのナンじゃこりゃ!?な湖。マクドネル湖をレポート!
今回のコーディネートポイント

①コロナ渦の中でリモートロケ

今回も、日本クルーが来豪しないリモートロケとなりました。事前に打ち合わせを重ね、現地アデレードのドローンカメラマンとも、入念に確認を行ったうえでロケに臨みました。

 

また、衛生面に関して万全を期す為に、消毒液の使用、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保等、オーストラリアの撮影業界の安全対策に沿った対応を行った上で、ロケに臨みました。

 

②絶景ポイントでのドローン撮影

今回のロケ地・マクドネル湖は、2色に輝くコントラストが不思議な湖。上空からのドローン映像でぜひその対比を捉えたい!とのことで、現地でドローンカメラマンを手配しました。
 

この湖は、日光の反射の具合で色が変わるため、カメラマンの協力もあり、ロケ日の中でも天気の良いタイミングを見て、何度かドローン撮影を行っています。そのおかげで、晴れた空に映える美しい湖の様子を捉えることができました。

 

③現地レポーター・マッケンジーさん

ピンク湖はアデレードからフライトと4WDで約3時間のロケーション。そしてまだオーストラリア国内の州境が完全にオープンになっていない時期だったため、アデレード近郊で日本語を話すレポーターを探すことになりました。
 
今回は、アデレードベースのコーディネーターと、日本語を話すマッケンジーさんのコンビ。マッケンジーさんは熊本に留学の経験もある日本のドラマが大好きな女子大生です。街頭インタビューから聞き込み、ピンク湖レポート、専門家インタビューも現地で行っています。

 

④専門家インタビュー

この2色に輝く湖の正体は何か? 何故ピンク色をしているのか?
ピンク湖を研究している方の中でも、特にこのマクドネル湖についてのリサーチを行っている地質学教授のウォーレン教授にコンタクトをして、リモートインタビューで解説をしてもらっています。

 

今後もパワーアップして、リモートロケ対応をさせていただきます。

まだ入国することは出来ませんが、状況が戻って渡航ができるようになって
制作スタッフの皆様に是非お越し頂きたいです!

 

番組動画の公式リンク↓2022年1月7日まで見れます。

オーストラリア編は07:50〜くらいから!

https://video.tv-tokyo.co.jp/nanjakorya/episode/00083730.html

 

オーストラリア、ニュージーランド撮影をご検討されている制作会社の方へ

弊社では、日本クルーが来豪しない体制でのロケにも多数実績があります。
コロナに対しての衛生管理は勿論のこと、オーストラリア現地のカメラマンを起用し、ロケハン、また、弊社スタッフがレポーターもするなど、最大限のご対応をさせて頂いています。コロナ禍に限らず、リモート撮影を行っていた実績も大いに活かせています!

オーストラリア、ニュージーランドでの撮影をご検討の際は、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。
東京で直接お会いして打ち合わせが可能です!
SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546