迷子の3才を17時間守りきった犬

scroll

迷子の3才を17時間守りきった犬
ニュース 動物

 

2018年4月、クイーンズランド州のブッシュで、3才の女の子オーロラが行方不明になり、
警官が100人以上、救急隊、一般の人も参加して、付近を捜索しつづけた。

 

その夜は雨も降り、15度まで冷えた中で彼女の安否が心配されたが、
17時間後に、牧場敷地内である家から2㎞のところで無事に見つかった。

 

2キロといっても、森の中で谷を降りて険しい山を登ったところで、歩くのも大変なほど。
犬のマックスがそばにいてずっと暖めていたのだ。

 

マックスは、ブルーヒーラーと呼ばれる17才の牧羊犬。祖母のパートナーの牧場で長年一緒に働き、
引退した後は、家族の飼い犬としてオーロラといつも一緒に過ごしていた。

 

人間で言えば80才を過ぎるだろうの年齢で、目は不自由で耳も聞こえない状態だったが、
その晩は、雨の降る中でオーロラの側について一晩を過ごして暖め続けていたようだ。

 

祖母のレイサさんによると、翌朝にオーロラの声が山の上から聞こえてきたので向かってみると、
まずマックスがやって来て、オーロラのところまで連れて行ってくれたそうだ。

オーロラちゃんは「マックスを抱いて一緒に寝たの、よく寝れたわ」と、
幸いにもかすり傷が少しだけの、ほぼケガもない状態で保護された。

 

クイーンズランド州警察は、マックスの行いを讃えて、
クイーンズランド州で初めての名誉警察犬の称号を授与!

 

マックスは、その後もずっと近くで、必ずオーロラが見えるところにいたそうだ。

 

抜粋元:ABC, dailymail

ニュース動画:The Sun,  ABC7news

https://honesttopaws.com/blind-dog-search/

コロナ渦中ではありますが、全くロケが出来ないわけではありません。

 

内容次第にはなりますので、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。